電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

死亡ひき逃げ事件を起こしたが、客観的事実や目撃証言との矛盾を主張し、公判請求を免れた

  • cases81
  • 2016年12月27日更新
男性
  • 男性
  • 交通事故・交通違反
  • ■犯罪行為 危険運転致死傷罪、救護義務違反
  • ■罪名 人身事故、死亡事故
  • ■解決結果 罰金(略式請求)

事件発生の経緯

Aさんは、自動車を運転中、自転車に乗っていた被害者と衝突してしまい、被害者は死亡してしまいました。

ご相談~解決の流れ

Aさんは当初身柄を拘束されていましたが、解放された後、ご家族からご依頼を受けました。

解決のポイント

所謂ひき逃げで、被害者も死亡させてしまう、という重大事案、かつ、自己に不利な自白をしてしまった後に受任しましたが、自白が客観的事実と矛盾することや、第三者との目撃証言と矛盾することを主張し、公判請求を免れることができました。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

新宿オフィスの主なご相談エリア

東京都新宿区、東京都千代田区、東京都中央区、東京都港区、東京都文京区、東京都台東区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都品川区、東京都目黒区、東京都大田区、東京都世田谷区、東京都渋谷区、東京都中野区、東京都杉並区、東京都豊島区、東京都北区、東京都荒川区、東京都板橋区、東京都練馬区、東京都足立区、東京都葛飾区、東京都江戸川区、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市にお住まいの方

ページ
トップへ