電話でのご相談予約はこちら

0120-170-316

24時間・365日

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

借金にお悩みの方に! 手続きや費用を新宿の弁護士が解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月12日
  • 借金問題
  • 借金
  • 弁護士
  • 新宿
借金にお悩みの方に! 手続きや費用を新宿の弁護士が解説します

一見華やかな街に見える新宿区でも、借金が返せなくなって困っている多重債務者の方がいます。そのような方たちのために、新宿区は区民向けに法律相談窓口を設けています。経済的に厳しい状況が続く昨今、「気づいたら借金が膨らみすぎて、どうしたらよいのかわからない」このような悩みを抱えて苦しんでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

個人の借金問題を解決する方法には、「任意整理(過払い金請求を含む)」「個人再生」「自己破産」という3種類があります。もっとも、法律に詳しくない方がどの方法が最適なのかをひとりで考え適切な判断をすることは困難でしょう。そのようなときは、債務整理案件の経験が豊富な弁護士に相談してください。適切なアドバイスをもらえるだけでなく、代理人として手続きを代行してもらうことも可能になります。

本コラムでは、借金で苦しんでいるけれど費用や弁護士の探し方についてわからないという方向けに、債務整理を弁護士に相談する際の費用や手続きについて、新宿オフィスの弁護士が解説していきます。

1、借金の解決方法の種類

借金を解決する方法はいくつかありますが、ここではそれぞれの方法の内容と、メリットとデメリットを解説していきます。

  1. (1)任意整理

    任意整理とは、債務者が債権者である貸金業者と交渉をすることで、将来の利息をカットし、支払いの期間を延ばすなどして債務者の支払いの負担を軽減することです。

    任意整理のメリットは、裁判所が関与しないため、自己破産や個人再生などのように裁判所への資料提出などが不要ということです。また、官報に掲載されることもないので、他人に知られず借金問題を解決できます。

    また、借金の履歴を引き直し計算することで、過払い金請求をすることができる場合もあります。

    「過払い金」とは、簡単にいえば、貸金業者に返しすぎたお金のことです。返す必要のないお金を返したわけですから、貸金業者に対して返しすぎた分のお金を返してほしいと請求することができます。

    消費者金融・クレジット会社等の貸金業者から、利息制限法1条1項に規定されている法定利率(年15%~20%)を超える約定利息で借り入れをした場合(平成19年頃より前のほとんどの借り入れがそうです)に、過払い金が発生します。貸金業者に対してこの過払い金の返還を求める行為が、過払い金請求です。

    一方のデメリットは、任意整理を行うと信用情報機関に情報が登録され、任意整理から5~10年間は借り入れや融資を受けることが難しくなることです。一般的に「ブラックリストに載る」というのは、信用情報機関に情報が登録された状態のことを指しています。
    なお、任意整理をした金融業者に対して、過払い金があって過払い金で債務がなくなった場合には、信用情報には登録されません。

  2. (2)個人再生

    個人再生とは、裁判所を通して行われる債務整理方法のひとつで、債務をおおよそ5分の1まで減額できるなどの効果があります。

    メリットは、自己破産とは異なり、住宅などの一部の資産を持ったまま手続きできることにあります。したがって、住宅や車などを所有している方は、個人再生ではこれらの資産を失わず、債務の減額だけを行うことが可能になります。

    一方のデメリットは、信用情報機関に情報が登録されるので、任意整理と同様、個人再生から5~10年間は新たな借り入れや融資を受けることが難しくなります。さらに、官報に掲載されてしまうので、一般の方に自分が個人再生をしたことが知られてしまうおそれがあるという点が挙げられます。

  3. (3)自己破産

    自己破産とは、借金をすべてゼロにするための手続きのことです。自己破産をする際は、裁判所に対して「破産申立書」を提出します。自己破産できるのは、支払不能という状況に陥った場合に限定されます。

    支払不能とは、将来的に得られる収入や、現在所有している資産を売却した金銭を合わせても債務を完済するのが不可能であろうと認められる状態のことです。

    自己破産のメリットは、債務のすべてについて支払う義務から解放されることです。また、手続きが開始されると債権者は債務者の財産の差し押さえなどをすることができなくなります。

    一方のデメリットは、信用情報機関に情報が登録されるので、自己破産から5~10年間は新たな借り入れや融資を受けることができなくなることです。また、氏名などの個人情報が官報に掲載されるので、周囲に自己破産を行った事実が知られてしまうおそれがあります。さらに、士業や警備員などの一定の職業につけなくなるなど、仕事が限定されてしまうことも挙げられるでしょう。

2、債務整理は弁護士に相談を!

3つの債務整理方法のうち、どれが適しているかは、自身の収入や抱えている負債の金額により異なります。置かれている状況によって選ぶべき手段が異なりますので、債務整理の中でもどの方法を選択するのかが非常に重要になるでしょう。

最適な債務整理の方法を自分で判断するのは難しいので、債務整理の経験が豊富な弁護士に相談し、とるべき手段のアドバイスを受けるのが賢明でしょう。

  1. (1)弁護士と司法書士との違い

    弁護士と同じく、法律を扱う専門家として司法書士が存在し、どちらに相談すべきか迷う方も多いでしょう。もちろん、司法書士も借金問題の解決に向けた債務整理を行うことができます。ただし、弁護士と司法書士では仕事内容に大きな違いがあります。

    弁護士は、身近で発生した法律をめぐるトラブルや事件に対して、法律家として適切なアドバイスを行い、依頼者の代理人という立場で相手側と交渉を行います。

    他方、司法書士の仕事のメインは、会社設立の際や、不動産の権利変更時などに、登記申請をすることです。

    一部の司法書士も債務整理の仕事を行うことはできますが、金額面での制限があります。弁護士は依頼者の代理人として貸金業者との交渉を金額の上限なく行うことができますが、司法書士の場合、債務額が各140万円以下の場合のみ、依頼者の代理人として訴訟や交渉ができるため、金額が大きくなると改めて弁護士に依頼する必要があり、手間と費用がかかってしまうというデメリットがあります。

    債務整理は、最初から弁護士に依頼することがベストな選択だといえるでしょう。

  2. (2)弁護士に依頼するメリット

    他に、弁護士に任せると以下のようなメリットがあります。

    ●煩雑な手続きを任せられる
    債務整理には、どれだけのお金をいつ借りて、どれだけ利息を返したかなどを示す書類の整理が必要になります。これらを弁護士に任せることができます。

    ●迅速に正確な手続きが行われる
    弁護士であれば、必要な法的手続きについて熟知しているので、素人が行うよりも迅速に手続きを行うことができます。

    ●精神的に安定する
    弁護士に債務整理を依頼すると、借金の取り立てがまずストップします。そして、借金問題を含んだ将来への見通しができることで、人生の立て直しを落ち着いて考えることができます。

    ●裁判になっても任せられる
    弁護士に相談していれば、交渉が不成立となっても裁判手続きまで任せられるので安心です。

3、債務整理の費用

借金をしているので、債務整理を弁護士に依頼しても報酬が支払えないと悩んでいる方も多いかもしれません。

しかし、法律事務所によっては無料相談を設けています。
各弁護士事務所の取り決めや債権者の数によって弁護士報酬は異なります。まずは弁護士事務所に相談して確認しましょう。

ホームページなどで詳細な報酬を公表している法律事務所、弁護士事務所を選択することをおすすめします。なお、ベリーベスト法律事務所にご依頼いただいた場合の債務整理の費用は以下のページでご確認いただけます。
債務整理の費用

4、まとめ

弁護士に相談して借金問題を解決したいけれど、弁護士費用が心配で債務整理に踏み切れないという方がいるかもしれません。しかし、前述したように、弁護士への依頼は手持ちの現金が少なくても可能なケースは多々あります。

自分ひとりで考えても最適な方法を選択することは難しく、間違った方法を選ぶと、かえって事態が悪化するおそれすらあります。もし、借金問題に頭を抱えて苦しんでいるのなら、迷わずベリーベスト法律事務所 新宿オフィスまでご連絡ください。

豊かな経験に基づいた的確なアドバイスと迅速な手続きで、みなさんのお悩みの解消に向けて全力でサポートいたします。弁護士費用のお悩みなども相談できますので、まずはお気軽にご連絡ください。

  • この記事は公開日時点の法律をもとに執筆しています

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-170-316

営業時間 24時間・365日

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

新宿オフィスの主なご相談エリア

東京都新宿区、東京都千代田区、東京都中央区、東京都港区、東京都文京区、東京都台東区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都品川区、東京都目黒区、東京都大田区、東京都世田谷区、東京都渋谷区、東京都中野区、東京都杉並区、東京都豊島区、東京都北区、東京都荒川区、東京都板橋区、東京都練馬区、東京都足立区、東京都葛飾区、東京都江戸川区、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市にお住まいの方

月額2,500円で弁護士費用を補償 追加費用0円で家族も補償対象に
ページ
トップへ