電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

離婚・男女問題を
新宿の弁護士に相談

これから離婚をお考えの方

これから離婚をお考えの方
  • 離婚を考えているが、何から始めたらいいのかわからない
  • 相手が離婚しないと言っている
  • 専業主婦なので、離婚後の生活が不安

現在、別居中で離婚をお考えの方

現在、別居中で離婚をお考えの方
  • 別居中の生活費を請求したい
  • 相手が子どもを連れて出て行ってしまった
  • このまま相手と会わずに離婚したい

離婚調停をお考えの方

離婚調停をお考えの方
  • 離婚条件で折り合えない
  • 子どもの親権争いになっている
  • DVを受けており、絶対に顔を合わせたくない

離婚後、条件を変更したい方

離婚後、条件を変更したい方
  • 慰謝料をもらわず離婚してしまい、後悔している
  • 生活が苦しく養育費を減額してほしい
  • やはり子どもの親権がほしい

不倫や浮気の「慰謝料の請求」でお悩みを抱えている方へ

離婚の流れと種類

calculator

協議離婚

夫婦の話し合いで合意し、離婚届を提出します。離婚の約9割が協議離婚です。離婚届を出してしまう前に離婚条件を決めておくことが大切です。協議離婚の進め方や離婚条件について、弁護士は適切なアドバイスをすることができます。また、弁護士が代理人として相手と直接交渉することも可能です。

calculator

調停離婚

当事者同士の話し合いで合意できない場合に、家庭裁判所に調停を申し立てます。調停委員を介して話し合いを行い、合意を目指します。弁護士が代理人となり、顔を合わさずに進めることも可能です。

calculator

裁判離婚

調停が不調に終わった場合は裁判を起こすことができます。判決により離婚が認められれば離婚できます。より専門的な対応が必要となるため、弁護士の協力が欠かせません。

解決事例

離婚・男女問題についてよくある質問

弁護士に離婚相談することで得られるメリット

スムーズな離婚につながる

スムーズな離婚につながる

離婚は、なかなか思うようには進められないものです。
もめやすいポイントの一つが、離婚条件です。
特に慰謝料や養育費、財産分与といった金銭面、そして子どもの親権については、お互い簡単には納得できません。
また、感情の問題も争いにつながります。
もし不倫が原因の離婚であれば、相手への不満や憤りの感情から、話し合いが過熱してしまうこともあります。DVやモラハラであれば、相手と話しすらしたくないかもしれません。
このように夫婦だけで解決することが難しい場合、弁護士はアドバイスをしたり間に入って交渉をしたりといったサポートをすることが可能です。たとえば慰謝料や養育費について、妥当な額を提示することができます。また、子どもの親権についても、裁判所の判断基準を踏まえて具体的に話を進めることができますし、面会交流の設定をすることもできます。また二人だけでは感情的になってしまうケースでも、第三者である弁護士が入ることで、冷静な話し合いを行うことができます。
スムーズに離婚できれば、早めに新生活を始めることができます。弁護士と一緒に進めていきましょう。

面倒な手続きを任せられる

面倒な手続きを任せられる

離婚の話し合いがこじれてしまうと、調停や裁判に移行することになります。
調停や裁判の経験があるという方は、あまり多くないでしょう。いざ調停をしようと思っても、調停のやり方がわからなかったり、どういった流れになるのかわからなかったりすることが一般的です。
裁判となるともっと複雑です。訴状の作成から証拠の収集、主張までを行っていかなければなりません。素人が全てを個人で行うことは、かなり難しいと言えます。
適切な対応をしなければ、相手の思い通りに調停や裁判が進み、不利な結果になることもあり得ます。たとえ面倒であっても、事前に入念な準備をおこなったうえで手続きを進めていかなくてはならないものです。しかし、仕事や育児、介護などで手続きや準備が十分にできないという方も多いでしょう。その場合は弁護士を頼ってください。
弁護士は法律の専門家であり、法的手続きについては熟知しています。訴状の作成や証拠の収集など、手続きを全て任せることができます。離婚で大きなストレスを抱えているところ、さらに手続きで負担がかかれば、精神的にも追い込まれてしまいます。ご自身の心と身体を守るためにも、専門家をしっかりと頼って、任せるということも大切です。

東京都・新宿で離婚・男女問題でお悩みの方へ

東京都新宿区および近隣エリアで離婚・男女問題でお困りの方は、ベリーベスト法律事務所 新宿オフィスまでご連絡ください。
日本における離婚の多くは協議離婚です。協議離婚とは、夫婦の話し合いで合意するもので、第三者から見ればすんなりと離婚しているように見えるかもしれません。しかし、離婚届に判を押す過程においてトラブルが生じているケースも多く、協議離婚であっても離婚後に問題が起きていることがあるのです。

離婚に至る背景は、人それぞれです。
性格の不一致や生活のすれ違いということもあれば「夫が家事や育児に非協力的だった」「義母の介入が苦痛だった」「結婚後に借金があることがわかった」というケースもあります。
また、離婚原因として多いのは、不倫です。不自然な行動をしていたり、帰りが遅くなったり、様々なきっかけで不倫が発覚し、夫婦間に亀裂が入ることもあります。
そのため離婚の話し合いはトラブルになりがちです。
慰謝料や養育費など、お金に関してお互いに納得するのは容易ではありません。特に不倫問題が関係していれば、より多くの慰謝料を求めようと、話し合いは泥沼の一途をたどる場合があります。
財産分与は妻が専業主婦であったとしても、原則半分ずつ財産を分けるとされています。住宅ローンは通常名義人がそのまま負担することになります。こういった点に納得できない方もいるでしょう。
子どもの親権も大きな問題です。夫婦に未成年の子どもがいる場合、親権者を決めなければ離婚できません。母親または父親が持つと合意できればいいのですが、絶対に譲れないと考える方も多く、調停に発展することもあります。また親権者が決まっても、非親権者との面会交流なども決めなければなりません。子どもがいる場合、決めなければいけないことは山ほどあるのです。

離婚できたらそれで終わりではありません。実は離婚後にも問題が起きることが多くあります。
たとえば離婚条件を定めずに離婚した場合です。相手の不倫などにより「もう顔も見たくない。今すぐ離婚したい」と離婚届を出してしまうケースがあります。しかし、後で冷静になり「慰謝料をもらっておけば良かった」「財産分与をしてもらいたい」と思うこともあるでしょう。そういった場合、もう顔も見たくないと思っている相手と連絡を取らなければならず、話し合いも簡単ではありません。
離婚条件を決めていたとしても、養育費の支払いが滞ったり、住宅ローンを相手が支払わず家を出ていかなければならなくなったりと、トラブルは起きてしまいます。

婚姻期間の長短、子どもの有無、不倫やDVなどの背景があるなど、夫婦の抱える問題は様々で、すんなり離婚できないことも多いのです。離婚でもめれば大きなストレスになり、なかなか新しい生活も始められません。そのため離婚問題は弁護士に協力してもらうことが大切なのです。
ベリーベスト法律事務所は、離婚・男女問題に強みを持つ事務所として、多くの方のご相談をお受けしてきました。離婚問題の専門チームがあり、専門チームを軸に全国各地のオフィスで日々、弁護士がお客様をサポートしています。チーム内には男女両方の弁護士が所属しており、ご希望をうかがうことも可能です。
また当事務所では離婚・男女問題に関する初回法律相談は無料です。弁護士費用についても明朗会計を心がけており、無駄な費用は発生しません。正式にご依頼いただく場合には、弁護士が費用について事前に詳細にご説明いたします。弁護士費用にご納得いただいた上で手続きを進めることが可能です。
新宿区および近隣エリアにお住まいの方、お勤めの方の中には、離婚問題でお困りの方もいらっしゃると思います。当事務所新宿オフィスの弁護士は、お客様のお話をじっくりとうかがい、個別事情に合わせてベストな解決方法をご提案いたします。一人で悩みを抱えることなく、まずは弁護士までご相談ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

新宿オフィスの主なご相談エリア

東京都新宿区、東京都千代田区、東京都中央区、東京都港区、東京都文京区、東京都台東区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都品川区、東京都目黒区、東京都大田区、東京都世田谷区、東京都渋谷区、東京都中野区、東京都杉並区、東京都豊島区、東京都北区、東京都荒川区、東京都板橋区、東京都練馬区、東京都足立区、東京都葛飾区、東京都江戸川区、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市にお住まいの方

ページ
トップへ