電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

不当解雇・退職勧奨を
新宿の弁護士に相談

不当解雇・退職勧奨かも?と思ったら

あなたのケース、不当解雇ではありませんか?

あなたのケース、不当解雇ではありませんか?

  • 身に覚えのない理由で解雇された
  • 上司から「退職届を書け」と言われている
  • 退職か減給かを選べと迫られている
  • 理由なく内定が取り消された
  • 「退職合意書」にサインする前に、ご相談ください。
  • お客様の声
  • 解決事例
何度でも相談無料
まずはお気軽にご相談ください まずはお気軽にご相談ください
お電話でのお問い合わせはこちら 0120-666-694

平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

メールでのお問い合わせはこちら <24時間受付>メールでのお問い合わせはこちら

豊富な解決実績!

累計解決件数
2,011
累計解決金額
34億9618万1308円
  • 上記件数は、2011年1月以降に解決した実績数です。
  • 実績数は残業代請求、不当解雇、労働災害等、労働問題の累計数となります。
  • 解決実績の件数には復職して解決したケース等、解決金額0円のものも含みます。
夜間 ご来所相談をご希望の場合

夜間 ご来所相談をご希望の場合

労働問題でお悩みの方は、在職中のケースが多く「平日の日中は仕事のため会社を抜け出せない」「相談に行く時間がない」といったお声をよくうかがいます。しかし、悩みを抱えた状態で仕事を続けていても、状況の改善は見込めません。
ベリーベスト法律事務所では、お客様が仕事の後などにもご相談いただけるように、夜間も相談を承っております。通常の営業時間は日中から夕方にかけてではありますが、お客様のご都合に合わせて夜間も対応しております。可能な限りお客様のご希望に合わせて調整いたしますので、ぜひ一度ご相談ください。
弁護士への相談で悩みが解決したり、今後どのように対応すれば良いが理解できるなど、一気に問題解決への道が開けるかもしれません。諦めず、まずはお問い合わせください。

東京都・新宿で不当解雇・退職勧奨に遭われた方へ

東京都新宿区および近隣エリアで不当解雇・退職勧奨でお悩みの方は、ベリーベスト法律事務所 新宿オフィスにご相談ください。
会社にとって従業員は会社を支える大事な宝です。しかし、時に会社の都合によって不当な扱いを受けるケースがあります。
「明日から来なくていいから」
ある日、突然上司から呼び出されそう告げられる。こういったことは日々、どこかで実際に起きています。思い当たる理由が全くないのに解雇される場合、不当解雇に当たる可能性があります。
労働契約法では以下のような規定があり、会社は従業員を簡単には解雇できないようになっています。
「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。」
しかし、絶対に解雇ができないわけではありません。以下のようなケースでは通常、解雇が認められます。

  • 売上金を盗むなど、企業の秩序を乱した
  • 刑事事件で逮捕され、有罪判決を受けた
  • 長期間、無断欠勤している

またリストラについても人員削減の必要性があること、解雇を回避するために会社が最大限の努力をしたことなど、一定の要件を満たした場合には認められます。
しかし、その一方で会社の勝手な都合で従業員を解雇するケースは後を絶ちません。「上司に歯向かった」「態度が気にくわない」といった実に個人的な理由をはじめとして、病気になったから、妊娠したからという理由で解雇されることもあります。
会社側もどのような解雇が違法な解雇にあたるかについて、よく熟知しています。そのため不当解雇として従業員から訴えられることのないよう、様々な手段を使ってきます。本当は会社の都合であるにも関わらず「使えない人材はいらない」「仕事の邪魔だ」などと従業員に非があるように思い込ませて退職届を書かせたり、退職か減給かの2択を突きつけ、退職を従業員に無理やり選ばせたりすることもあります。
こういった退職勧奨や不当解雇を受け入れる必要はありません。すぐにベリーベスト法律事務所にご相談ください。
当事務所では組織として労働問題専門チーム体制を敷いており、労働者を守るために全力で活動をしています。チーム内には労働問題に詳しい弁護士がそろっており、そのノウハウは全国のオフィスで共有されています。新宿オフィスにおいても、弁護士が日々、お客様と真剣に向き合い、最適な提案に向けて力を尽くします。お客様のお困りの状況、会社への思い、希望する対応方法などを細かく聞き取ったうえで、ご希望にあった解決方法を探っています。
退職を決意されている場合には、よりよい条件で退職できるように会社側と交渉します。在職を希望される場合には交渉や訴訟により、仕事を続けられるように力を尽くします。個人で会社にかけあっても相手にしてもらえない場合もあるかと思います。しかし、弁護士が出ることで会社側の態度が一変することもありますので、諦めないでください。
労働問題の中でも特に退職勧奨は「言った」「言わない」の水掛け論になってしまう可能性もあるため、証拠も重要です。ボイスレコーダーの活用、メールの保存など、役に立つ証拠やその集め方についてもアドバイスをいたします。交渉や訴訟を有利に進められるよう、一緒に足元を固めていきましょう。
不当解雇・退職勧奨に関する初回の法律相談は無料ですので、お困りの際はすぐにご相談ください。ご相談後、正式にご依頼いただく場合の費用は対応内容により細かくプランを設定しております。ホームページでも目安を公開しておりますので、ぜひご覧ください。
仕事は、ご自身やご家族のためにお金を稼ぐ手段であると同時に、やりがいでもあります。お客様が不当にその仕事を奪われることのないよう、弁護士が全力で取り組みます。不当解雇や退職勧奨でお困りの方は、まずは当事務所までご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

新宿オフィスの主なご相談エリア

東京都新宿区、東京都千代田区、東京都中央区、東京都港区、東京都文京区、東京都台東区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都品川区、東京都目黒区、東京都大田区、東京都世田谷区、東京都渋谷区、東京都中野区、東京都杉並区、東京都豊島区、東京都北区、東京都荒川区、東京都板橋区、東京都練馬区、東京都足立区、東京都葛飾区、東京都江戸川区、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市にお住まいの方

ページ
トップへ