電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

弁護士相談はベリーベスト法律事務所 新宿オフィスへ。
弁護士インタビュー

インタビュー

丸の内線「西新宿駅」から徒歩3分、都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分と、大都心の一角にオフィスを構えるベリーベスト法律事務所 新宿オフィス。世界一「1日の利用者が多い駅」としてギネス世界記録を認定されたことで知られる、JR・私鉄・地下鉄各線「新宿駅」の西口からも徒歩13分と近く、非常に交通の便がよいオフィスです。ここでは、どのような法律相談が多く、実際にどのようなポリシーを持って対応しているのでしょうか。新宿オフィス所長、牧戸 美佳弁護士にインタビューしました。

Q1.牧戸弁護士が弁護士として心がけていることを教えてください

私は大学で行政学を専攻していました。当時は公務員になることを目指していたためです。しかし、大学で法律を学ぶうちに深い興味を持ち、「法律を使って困っている人の助けになりたい」という気持ちが高まりました。そこで、公務員の道ではなく弁護士を目指すべく、司法試験にチャレンジすることにしたのです。

実際に弁護士になった今、非常に責任が重い仕事だと日々実感しています。法律はある程度決まった解釈があるものです。しかし、ご相談者さまが解決したいと感じ、考える部分が各々異なります。そこで、相談ではご相談者さまのご意向を伺い、ひとりひとりのご要望に添った解決方法へ導いていく必要があります。その点が非常に難しい部分です。

だからこそ私は、丁寧にお話を伺っています。たとえ弁護士としての知識が必要とされない部分であっても、できるだけご不安を解消したいと思っているためです。何より、丁寧にお話を伺うことによって、ご相談者さま自身が気付いていなかった問題に気付くことができるなど、有益な点が多々あります。

繰り返しになりますが、ご相談者さまが求める「解決法」は、驚くほどひとりひとり異なります。お金がほしいというだけでなく、自らが働いた実績を認めてほしいと考える方、新しい道へ進むためにも心の整理をしたいと考えている方も少なくありません。私は、ご相談者さまが抱える不安を解消し、次へ進むことができるような弁護活動ができればと日々心がけています。

Q2.新宿オフィスではどのような法律相談が多いのでしょうか?

Q2.新宿オフィスではどのような法律相談が多いのでしょうか?

実は私自身、高校生時代まで新宿で育ちました。新宿駅周辺でよく買い物をしたり、学校帰りに友人と一緒にファーストフード店等で勉強をしたりして過ごした街です。だからこそ、非常に愛着があります。新宿オフィスは、新宿駅からは少し遠いものの、西新宿駅や都庁前駅からは雨が降っている日でもぬれずにご来所できるところが非常に便利なのではと思っています。

実際にご相談のために新宿オフィスを指定される方は、近隣からだけでなく、勤務先が近くにある方や新宿駅が通勤途中にある方、何らかの理由で新宿へ立ち寄りやすいという方が多いようです。都内だけでなく、埼玉県、神奈川県、山梨県などから相談のために来所されたという方もいらっしゃいます。やはり相談しやすい場所であるという点は大きなメリットでしょう。

新宿オフィスへの相談は、刑事事件はもちろん、残業代請求や解雇などの労働事件、離婚事件、損害賠償請求事件、交通事故など多岐にわたります。会社や事業所が多い場所柄もあり、企業法務に対応することがほかのオフィスよりも多いかもしれません。どのような案件であっても、ベリーベスト法律事務所には専門分野の対応経験が豊富な弁護士が在籍していますので、情報を共有しながら対応することができます。

Q3.牧戸弁護士の中で印象深い事件はありますか?

私は、解雇事件や残業代を請求するという事件を比較的多く担当しています。解雇が有効か無効かという争いや、どこまでが残業代として認められるかといった争いは、事件ごとに様々な複雑な事情があり、交渉で解決せずに、労働審判や裁判に至ることもあります。場合によっては、地方裁判所での裁判では解決せずに、高等裁判所での裁判にまで進むこともあり、そうなると1年以上かけて争うこともあり得ます。それでも、最終的に私たちの主張が認められ、解雇が不当であると評価されたり、企業側が業務外とみなしていた部分が労働時間として評価されたりして残業代が支払われたときに、何よりご依頼者さまに喜んでいただけたことは忘れられません。やはりそれは、私にとっても非常にうれしいことなのです。

また、これまで、離婚問題をはじめとした家事事件も数多く対応させていただいています。離婚問題で特に深刻なのが、お子さんをめぐる問題です。誰が親権者となるかという問題は、もちろんこれから離婚をするというご夫婦の間でも問題になりますが、離婚をしてからも親権者変更という形で問題になることも少なくありません。離婚で一度解決したお子さんをめぐる問題が、親権者変更という形で離婚後しばらくしてから問題になったり、また、養育費の未払いという形で問題になったりすることもあります。長期にわたり、ご依頼者さまとそのお子さんの問題に携わらせていただき、最終的には将来に向かって笑顔で歩き出せるような結果へ導けたときは、今でも本当によかったと思います。

その他にも、刑事事件で弁護を担当した方から、事件後しばらく経って「今は心を入れ替えて仕事にも就いて、一生懸命に頑張っています。」というお手紙を頂いたときには、弁護士という仕事をしていてよかったと本当にうれしく感じます。

Q4.法人のご相談者さまと個人のご相談者さまの弁護で違いはありますか?

Q4.法人のご相談者さまと個人のご相談者さまの弁護で違いはありますか?

たとえ企業側の弁護をするときであっても、よくお話を伺い、どのような解決を望まれているのか、どのような解決方法をとることができるのか、というアドバイスをするという基本的な弁護方針は変わりありません。しかし、個人の事件との大きな違いがひとつあります。個人事件はトラブルが起こった後に相談に来られる方が多いのですが、企業法務において顧問弁護士として対応するときはトラブルを未然に防ぐことができることです。例えば、日々の取引の契約書のリーガルチェックを弁護士が行うことによって、トラブルの芽を事前に摘むことができます。また、トラブルが起こってしまっても、顧問弁護士として対応することで、問題を大きくせずに早期に解決することもできます。

以前、顧問先の企業で雇用をめぐる問題が起きた際にも、労働審判や訴訟等に発展せずに話し合いで円満に解決することができました。本件では、顧問先の企業のブランドを損ねることなく、労働者側からも「これで気持ちを切り替えて次へ進める」という言葉をいただき、非常に安堵しました。顧問弁護士として対応し、紛争を早期に解決することは、使用側となる企業にとってはもちろん、該当の企業で働く労働者にとってもメリットだと感じた事件です。

企業側が法とモラルを守ってトラブルを未然に防ぐことで、「働きやすい」会社を作ることができます。働きやすい会社は、人材に長く働いてもらえるだけでなく、世間的にもよい印象を持ってもらえるものです。しかし反対に、法に背き誠意のない対応をしていれば、ブラック企業と呼ばれるようになり、会社の大きな不利益となります。企業側と労働者側がよりよい関係を築けるようにアドバイスができたらと考えています。

Q5.ベリーベスト法律事務所に相談するメリットを教えてください。

ベリーベスト法律事務所の最大の特徴としては、やはり規模が大きいという点でしょう。だからこそといえるメリットは3つあります。

ひとつめは、「所属弁護士が多いこと」です。令和元年6月時点で、180名を超える弁護士が所属する法律事務所のうち、刑事分野や離婚など、個人からの相談にも幅広く対応する法律事務所は、日本国内でもそう多くはないでしょう。また、ベリーベスト法律事務所には、企業法務に精通した弁護士、特許分野に精通した弁護士、中国をはじめ各国の法務に精通した弁護士など各々が得意分野を持ち、それぞれの分野で力を発揮しています。ご相談者さまと直接話をする弁護士がたとえひとりでも、180人分のナレッジが常に共有されているので、よりベストな対応方法を模索できるという点は大きなメリットです。

次に考えられるメリットは、「関連する専門士業との連携が可能」な点です。ベリーベスト法律事務所には、弁護士だけでなく、司法書士、行政書士、一級建築士、土地家屋調査士が在籍し、さらにグループ法人として、弁理士や税理士、社会保険労務士など、様々な専門士業と連携しています。これは特に企業法務上では非常に大きなアドバンテージです。法務は弁護士だけではなく、税理士や弁理士など、さまざまな専門士業の力が必要となるシーンは少なくありません。しかし、ベリーベスト法律事務所であれば、各々異なる事務所に問い合わせをする必要がなく、ワンストップで解決に導くことができます。

3つめのメリットは、全国にオフィスがあることです。情報共有がスムーズにできることはもちろん、テレビ会議などを使った連携や、訴訟や接見等で足を運ぶ必要があるときでさえ、素早い対応ができます。全国にオフィスがあることは、ビジネス領域であっても大きなメリットとなるでしょう。

Q6.法律相談を検討している方へメッセージをお願いします。

Q6.弁護士相談を検討している方へメッセージをお願いします。

ベリーベスト法律事務所に所属する弁護士は、親身にお話を聞く姿勢がある弁護士がそろっています。しかも、各々専門分野をもつ弁護士はもちろん、税理士や弁理士などグループ法人に所属する専門士業との連携が容易に行えます。膨大な知見を駆使し、あなたが抱えている問題をよりベストな結果で解決できるよう、力を尽くします。

まずは東京オフィスでお話を伺ってから、あなたが相談しやすいオフィスへつなげます。ベリーベスト法律事務所であれば、いかなる分野でも対応できるでしょう。多くの分野で無料相談を行っています。まずはひとりで悩みを抱えこまず、気軽にベリーベスト法律事務所で相談してください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

新宿オフィスの主なご相談エリア

東京都新宿区、東京都千代田区、東京都中央区、東京都港区、東京都文京区、東京都台東区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都品川区、東京都目黒区、東京都大田区、東京都世田谷区、東京都渋谷区、東京都中野区、東京都杉並区、東京都豊島区、東京都北区、東京都荒川区、東京都板橋区、東京都練馬区、東京都足立区、東京都葛飾区、東京都江戸川区、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市にお住まいの方

ページ
トップへ