電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

刑事弁護・少年事件を
新宿の弁護士に相談

元検察官の弁護士がサポート!刑事弁護専門チームも

元検事 弁護士 若佐一朗

警察に逮捕されたら必ず裁判になる、そう思っていませんか?
実は警察には裁判を求める権限はありません。権限があるのは、検察官だけです。検察官が裁判所に裁判を求めることを「起訴」と言います。逆に起訴しないことを「不起訴」と言います。
通常起訴されると、裁判が始まります。証拠を提出したり、検察や弁護人から質問を受けたりして裁判が進み、有罪・無罪を決める判決となります。
驚いたことに、日本では刑事裁判における有罪率は99%以上です。
つまり、一旦裁判となってしまえば、無罪を得ることは難しいということです。裁判までの期間、そして判決までの期間は一定の自由が奪われ、落ち着かない日々を送ることになります。有罪判決を受ければ前科もつきます。起訴の影響は大きいのです。
そのため、刑事裁判においてはまず、不起訴となることが非常に大事です。有罪率が高い一方、起訴率は35%にとどまります。事案内容や弁護士の対応によっては、不起訴となることは無理なことではありません。ベリーベスト法律事務所がお手伝いいたします。
当事務所には元検察官の弁護士が所属しています。自ら起訴・不起訴を判断していたため、不起訴となるために必要なポイントを熟知しています。元検察官の知識と情報は全国のオフィスにも共有されており、各地の刑事弁護活動に活かされています。相手の手の内がわかるからこそ、できる対応があります。どうぞ安心してお任せください。

悩み別解決プラン

calculator

前科をつけたくない
不起訴にしたい

calculator

被害者と
示談をしたい

calculator

職場・学校に
知られたくない

calculator

不起訴・執行猶予に
して欲しい

calculator

釈放・保釈
して欲しい

calculator

無罪を
証明して欲しい

calculator

自首に
同行して欲しい

calculator

家族と
連絡をとりたい

犯罪別解決プラン

徹底したスピード対応!身柄解放に尽力

徹底したスピード対応!身柄解放に尽力

刑事事件では、スピーディーな対応が命と言われます。
でも、どうしてなのでしょうか?その理由の一つが、勾留です。
警察から逮捕されると、警察、検察から取り調べを受け、身柄を拘束する「勾留」の必要性があるかどうか判断を受けます。勾留を受けると最大20日間勾留され、原則警察署の留置場に入れられます。もちろん自由に外に出ることはできません。接見禁止とされてしまえば、弁護士以外の人と面会することが難しくなります。勾留が決定されてしまうと、本人も家族も、辛くて不安な時間を過ごさねばならなくなります。
しかし、勾留は絶対ではありません。弁護士が早期に対応することで、身柄の解放につなげられる可能性があります。
ベリーベスト法律事務所では、スピーディーな対応に力を入れております。お客様からお電話をいただいた後、30分以内に弁護士と話ができるように仕組みを整えています。相談は平日夜、土日も可能です。費用面がご心配な場合には、電話で今後の費用の見積もりをお伝えすることも可能です。
当事務所では迅速な対応の重要性をよく理解しておりますから、すぐに動ける体制を整えております。
逮捕の連絡を受けたご家族は、気が動転してしまう方も多いものです。しかし、ご家族の大事な方を早期に解放したり、不起訴にしたりするためには、スピーディーな初期対応が欠かせません。迷っている暇はありません。まずは当事務所にご連絡ください。

東京都・新宿で刑事事件に詳しい弁護士をお探しの方へ

東京都新宿区および新宿近隣エリアで、刑事事件でお困りの方は、ベリーベスト法律事務所 新宿オフィスにご連絡ください。
刑事事件で逮捕されてしまうと、ご自分や家族の人生は一変します。
逮捕・勾留されれば、その間自由に生活することができなくなります。ご家族は大きな不安を抱え、自宅の捜索を受けることもあります。もし起訴され裁判となれば判決までの間、心の晴れない日々を送らなければなりません。
禁固刑や懲役刑となれば本人は刑務所に入り、家族は親族や近所から白い目で見られ、引越しを余儀なくされることもあります。多くの場合、仕事も解雇されます。今まで通りの生活を送ることは、非常に難しいと言えます。
刑事事件はあくまでテレビニュースの中のことで、ご自分には関係ないと思っている方も多いでしょう。ですが喧嘩に巻き込まれて酔って人を殴ってしまった、魔が差して痴漢をしてしまったなどの事件は、絶対にあり得ないとは誰にも断言できません。ご家族の誰かが事件に関係してしまうこともあるでしょう。
新宿区には多くのオフィスビルや商業施設、飲食店が立ち並び、昼夜問わず人が集まっています。そのため事件も少なくなく、新宿区の2017年の刑法犯認知件数は6485件にものぼります。1日あたり約18件です。これは23区内では足立区、世田谷区に次いで3番目の多さです。(※)新宿区内では日々、身近で事件が起きているのです。
しかし、逮捕されてしまったからといって、人生終わりではありません。すぐにベリーベスト法律事務所までご連絡ください。
逮捕後すぐに対応すれば、勾留とならずに身柄を解放できる可能性があります。また当事務所には元検察官の弁護士がいるため、不起訴を獲得するためにあらゆる対策を講じることもできます。もし起訴となってしまった場合でも、相手方との示談を進めるなど、執行猶予となるように力を尽くします。
当事務所ではこれまでに全国で約400件の不起訴を獲得し、約300件の身柄解放、約500件の示談成立実績があります。弁護士はお客様とご家族のために、粘り強く対応します。
費用のご心配もあると思いますが、当事務所では刑事事件に関するご本人やご家族の初回法律相談は、60分無料となっております。弁護士費用についても、事件の重さや認否によって細かく設定されており、無駄な費用は発生しません。保釈請求や任意聴取同行など、個別対応も可能です。
デリケートな対応が必要な少年事件についても丁寧にサポートいたします。弁護士がつくことで相手方との示談交渉も進めやすくなるほか、成人の事件とは違う手続きにも柔軟に対応できます。
刑事事件に関わることは、精神的にも非常に大きな負荷がかかります。一人で悩んでいては、大事な初期対応に支障が出てしまいます。ともかくまずは当事務所にご連絡ください。お話をしっかりとお聞きし、すぐに対応に入ります。新宿オフィスの弁護士が力を尽くします。

警視庁「区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数」
世田谷区「世田谷区内の刑法犯認知件数について」(PDF:320kb)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

新宿オフィスの主なご相談エリア

東京都新宿区、東京都千代田区、東京都中央区、東京都港区、東京都文京区、東京都台東区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都品川区、東京都目黒区、東京都大田区、東京都世田谷区、東京都渋谷区、東京都中野区、東京都杉並区、東京都豊島区、東京都北区、東京都荒川区、東京都板橋区、東京都練馬区、東京都足立区、東京都葛飾区、東京都江戸川区、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市にお住まいの方

ページ
トップへ