電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

海難事故(水難事故)問題を
新宿の弁護士に相談

こんなことでお困りではありませんか?

  • 海や湖沼、河川において、他の船舶に衝突されてケガをしてしまったので、相手方に対して治療費などの損害賠償請求をしたい。
  • プレジャーボートで事故を起こし、自分も相手方もケガをしてしまったが、相手側との交渉をどのように進めればよいかわからない。
  • 水上バイクで船と衝突し、ケガをしてしまったため仕事を休むことになり困っている。
  • 客として釣り船に乗船中、船長の操船ミスで事故が起き骨折した。後遺障害が残りそうにもかかわらず、保険会社からは治療費の打ち切りを求められてしまった。
  • ラフティング、キャニオニング、カヤックなどの体験コースに参加中、注意事項を守っていたのにもかかわらずケガをしてしまった。
富津、東京湾

イメージ:富津、東京湾

プレジャーボート、ヨット、ジェットスキーなどの船舶による海での事故は、沈没や座礁、他の船舶との衝突など、海上ならではの特性があり、ケガや船舶自体の損害にとどまらず、救助費用、衝突による相手側の船舶や積荷への損害賠償責任など、海難事故特有の事案も発生します。
またラフティングやキャニオニング、カヤックなどの河川、湖沼で行うレジャー中に発生した事故の損害賠償請求についても、運営会社や保険会社を相手にどのように交渉を進めればよいのか悩ましいものです。
べリーベスト法律事務所では、事故案件の実績豊富な弁護士を中心に、パラリーガル(法律事務員)、医療知識豊富なメディカルコーディネーターで構成された事故専門チームが、保険会社や相手側との交渉、訴訟に対応いたします。

船舶の衝突事故などの水の事故における損害賠償被請求に対応します

  • 海難事故(水難事故)事故によって、相手にケガを負わされてしまった場合の対応
  • 所有する船舶等が漁船(漁具)や商用船に損害を負わされた際の対応
  • 水のレジャー(ラフティング、キャニオニング、カヤック)中の事故でケガを負った場合の運営会社や保険会社との交渉

海難事故(水難事故)問題をベリーベスト法律事務所に依頼する6つの理由

  • 01
    事故専門チームが対応
  • 02
    全国53拠点
  • 03
    初回相談60分無料・着手金無料
  • 04
    交渉などを弁護士に全て任せられる!
  • 05
    慰謝料の増額交渉
  • 06
    後遺障害の適切な主張


東京で海難事故(水難事故)のご相談をお考えの方へ

東京湾や千葉県、神奈川県など東京都周辺での海難事故(水難事故)でお困りの方は、ベリーベスト法律事務所 新宿オフィスにご相談ください。

東京にお住いの方は、神奈川県の逗子海岸や千葉県の九十九里浜など東京都内から日帰りで遊びに行ける海水浴場が多く存在しています。比較的アクセスが容易なことから、休日は、友人や家族と海に行き、マリンスポーツやマリンレジャーを楽しんでいるという方も多いかもしれません。

しかし、海でのレジャーは楽しいことも多いですが、常に危険を伴うものであることも意識しなければなりません。水上バイクやヨットといった船舶の航行は、どれだけ気を付けていたとしても、船舶の座礁、衝突、沈没といった海難事故に巻き込まれてしまうリスクが潜んでいます。海での事故は、陸上での事故とは異なり、事故に気付いてもらえないことや気付いたとしてもすぐに救助に行くことができないなど、海特有の問題もあります。そのため、万が一事故が生じてしまうと、身体に重大な障害が残ってしまったり、最悪のケースでは命を奪われるということも少なくありません。

このように、海難事故(水難事故)に巻き込まれてしまった場合には、海難事故について責任のある相手に対して、民事上の責任を追及することが可能です。

民事上の責任としては、一般的に海難事故によって生じた損害についての賠償を求めていくことになりますが、海難事故の特殊性から十分な知識と経験を有していなければ適切に交渉を進めていくことが難しいこともあります。

たとえば、海難事故で何らかの障害が残ってしまったとしても、交通事故のように後遺障害を認定する機関はありませんので、被害者自身で証拠に基づき、後遺障害の有無と程度を証明していかなければなりません。また、被害者側にも過失がある事故であったとしても、交通事故のように過失割合が定形化されていませんので、海上交通のルールなどを踏まえて適切に主張していかなければなりません。

海難事故には、このような海難事故特有の難しさがありますので、自分だけで交渉などを進めるのではなく、専門家である弁護士のサポートを受けながら進めていくことが必要になります。その際に重要になるのが、海難事故の知識や経験のある弁護士に依頼をするということです。海難事故は、特殊な分野の事故になりますので、弁護士であれば誰でも対応することができるというわけではありません。対応する弁護士によって、得られる結果も大きく異なってくる可能性もありますので、経験豊富な弁護士に依頼をするようにしましょう。

ベリーベスト法律事務所では、「事故専門チーム」を組織して、定期的な勉強会や各オフィスでの事例を共有するなど、海難事故の事案解決のためのノウハウを豊富に蓄積しています。

「船舶の衝突によってケガをした」、「インストラクターの過失によってダイビング中に溺れてしまった」などの事故が生じ、加害者や保険会社との対応にお困りの方は、ベリーベスト法律事務所 新宿オフィスの弁護士にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-49-5225

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >
メールでのお問い合わせ

新宿オフィスの主なご相談エリア

東京都新宿区、東京都千代田区、東京都中央区、東京都港区、東京都文京区、東京都台東区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都品川区、東京都目黒区、東京都大田区、東京都世田谷区、東京都渋谷区、東京都中野区、東京都杉並区、東京都豊島区、東京都北区、東京都荒川区、東京都板橋区、東京都練馬区、東京都足立区、東京都葛飾区、東京都江戸川区、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市にお住まいの方

ページ
トップへ