電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

労働災害を
新宿の弁護士に相談

労働災害について

こんなケースはすぐにご相談ください

こんなケースはすぐにご相談ください

  • 業務中にケガを負った
  • 家族が労働災害で亡くなった
  • 会社に労災申請を拒否された
  • 後遺障害の等級認定申請をしたい
  • 労働災害によるケガは、会社に責任を問える可能性があります
何度でも相談無料
まずはお気軽にご相談ください まずはお気軽にご相談ください
お電話でのお問い合わせはこちら 0120-49-5225

平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

メールでのお問い合わせはこちら <24時間受付>メールでのお問い合わせはこちら

交通事故による労働災害

交通事故専門チームと連携

交通事故専門チームと連携

ベリーベストは、交通事故の月間相談件数500件以上の実績があり、弁護士だけではなく医療コーディネーターが後遺障害等級認定支援を行い、交通事故被害に悩む多くのお客様をサポートしています。被害者の方が不利益を被らない最良な解決方法をご提案いたします。

  • 損害賠償 無料計算ツール
  • 慰謝料無料計算サービス

豊富な解決実績!

累計解決件数
2,475
累計解決金額
42億8671万3256円
  • 上記件数は、2011年1月以降に解決した実績数です。
  • 実績数は残業代請求、不当解雇、労働災害等、労働問題の累計数となります。
  • 解決実績の件数には復職して解決したケース等、解決金額0円のものも含みます。
夜間 ご来所相談をご希望の場合

夜間 ご来所相談をご希望の場合

労働災害(労災)について、弁護士と相談したいけれど、今は働いているし、通院の時間もあるし…平日の昼間の時間帯には中々相談する時間が取れない…会社の仕事や通院が終わった後に、弁護士と相談したい!
そんな場合は、ご希望のご相談日・お時間をお問い合わせください。ご希望の時間でご相談いただけるよう、個別対応いたします。在職中や通院中で労働災害(労災)にお悩みの方も、お気軽にご相談ください。

新宿で労働災害に遭われた方へ

東京都新宿区および近隣エリアで労働災害でお悩みの方は、ベリーベスト法律事務所 新宿オフィスにご相談ください。
業務を原因とするケガや病気、死亡を労働災害といいます。言葉自体はよく知られていますが、その中身は非常に幅広く、細かくはご存じない方も多いのではないでしょうか。
労働災害には、「職場の段差で転び骨折した」「荷物が崩れてケガをした」「作業中のガス漏れで家族が亡くなった」といったものから、「通勤中に交通事故に遭った」ということまで含まれます。また、近年注目されている長時間労働による病気や過労死、セクハラ・パワハラによる心の病も労働災害として認定されてきています。
こういった労災ではケガの治療などにお金がかかる一方、働けなくなり収入が途絶えるなど、大きな影響が出ます。もしご家族が事故で命を落とした場合には生活に困る方もいるでしょう。
そのため労災には「労働者災害補償保険(労災保険)」が整備されています。

労災保険を請求すると、主に以下のような補償を受け取れる可能性があります。

  • 療養補償:ケガの診察費、入院費、薬代等
  • 休業補償:仕事を休む間の収入補償(休業4日目以降、給付基礎日額の80%)
  • 障害補償:身体に障害が残った場合の障害補償年金・一時金等
  • 遺族補償:労災で亡くなった労働者の遺族に支給される遺族補償年金等

労働災害はどの仕事においても発生する可能性がゼロとは言い切れません。そのため、法律では、パートやアルバイトを含む、労働者1人以上を雇用している事業者は、必ず労災保険に加入しなければならない決まりとなっています。
しかし、従業員の少ない事業所や資金繰りの厳しい企業では、義務と知っていながら労災保険に加入していないケースがあります。その場合、事故が起きても会社側が労災にあたって必要な手続きを渋ることがあります。また労災保険に加入していても、会社の信用が落ちるなどの理由から、事故を労基署に報告しないケースがあります。これらはいわゆる「労災隠し」と呼ばれるものです。
企業には労働者が身の安全を確保して働けるように努める義務があります。事故防止のマニュアルを作成し、マニュアルの順守を徹底したり、管理者を配置したりして、事故が起きないようにしなければならないのです。
会社は、ひとたび労災事故が起きれば、会社は刑法や労働関係法の違反に問われることがあります。また従業員やその家族から損害賠償を求められる可能性もあります。そのため被害にあった従業員に手当を支給して口止めをしたり、「事故は自己責任だ」と言いくるめたりして、労災事故を隠そうとします。
しかし、従業員としては労災と認められなければ、労災保険の補償は受け取れません。当初は軽いケガであっても、後遺障害が残る可能性もあります。また、一度労災隠しを受け入れてしまえば、再び事故が起きても同じように労災隠しを要求される可能性もあります。労働者にとって良いことは何もないのです。
労災の被害に遭われた方は、すぐにベリーベスト法律事務所までご相談ください。当事務所には労働問題を専門とするチームがあり、あらゆる労働関連の問題に対応することが可能です。当事務所ではこれまでに全国で多数の労働問題を解決しており、豊富な実績は事務所全体のノウハウとして蓄積されています。
お問い合わせやご相談にあたって、費用のご心配もあるかもしれませんが、労災に関する法律相談は初回60分無料と設定しております。まずはお気軽にお問い合わせください。
労災であるかどうかの確認や、会社側と交渉するための弁護士同席依頼など、どのような疑問や要望でも構いません。ベリーベスト法律事務所 新宿オフィスの弁護士が、じっくりと親身になってお話をうかがい、最適な解決方法をご提案いたします。
労働災害に遭われた方やそのご家族が不当な扱いや不利益を受けることのないよう、当事務所が全力でサポートいたします。労災問題でお悩みの方は、当事務所までご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-49-5225

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

新宿オフィスの主なご相談エリア

東京都新宿区、東京都千代田区、東京都中央区、東京都港区、東京都文京区、東京都台東区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都品川区、東京都目黒区、東京都大田区、東京都世田谷区、東京都渋谷区、東京都中野区、東京都杉並区、東京都豊島区、東京都北区、東京都荒川区、東京都板橋区、東京都練馬区、東京都足立区、東京都葛飾区、東京都江戸川区、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市にお住まいの方

ページ
トップへ