電話でのご相談予約はこちら

0120-359-186

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

2度目の酒気帯び運転で起訴。執行猶予付き判決を勝ち取りました。

  • cases684
  • 2021年11月01日更新
男性
  • 男性
  • ■犯罪行為 道路交通法違反
  • ■罪名 交通事故
  • ■解決結果 執行猶予付き判決

事件発生の経緯

Aさんは、外出先でお酒を飲んでしまい、酔いがさめない間に自動車を運転して、自宅付近で事故を起こしてしまいました。Aさんは、お酒を飲んだこと、運転したことを認めていたものの、正式起訴となりました。

ご相談~解決の流れ

Aさんは、事実関係を特に争っていませんでしたが、道路交通法違反(酒気帯び運転)の前科があったことから、正式起訴されてしまったようでした。
当事務所には、起訴された後に来所されました。
自損事故ということで被害者は特にいらっしゃいませんでしたが、二度目の酒気帯び運転であること等に鑑み、Aさんと相談の上でアルコール依存の治療等を行っていただくこととなりました。
Aさんは当初通院や互助会での活動を考えていました。裁判に向けての打ち合わせについては、できる限り、Aさんの配偶者であるBさんも同席していただき、状況確認や情報共有を行うようにしていました。
打ち合わせの中で、Bさんにも素直な気持ちを吐露していただきました。そしてその度、Aさんは反省を深めている様子でした。
最終的には、Bさんやご家族の後押しもあって、Aさんは入院を含めた本格的な治療に励む決心がついたようでした。
公判期日においては、今後のBさんの監督の予定、Aさんの治療の方針等を証人尋問、被告人質問で話してもらいました。

判決期日では、Aさんが入院の決心を固めて治療に本格的に励む意向を示したことなどから、執行猶予の判決が下りました。

Aさんは、当方に対し、判決確定後、入院してこれから家族のために頑張っていきたいと決意を語ってくださいました。

解決のポイント

依存症については、周囲の理解と協力が必要です。
本人が、心配事が先だって決心がつかなかったり、問題から目を背けたりしてしまうことでは、更生の道は遠ざかってしまいます。
当方だけでなく、家族であるBさんやお子さんが理解を示し、後押しをしたことで「家族のために頑張ろう」という決心がつき、本格的な治療に向けて一歩を踏み出せたのだと思われます。
そうした家族の協力体制や本人の覚悟を引き出すことができ、これらの事情をしっかりと裁判所に伝えることができたことが、執行猶予の獲得につながったと感じていますし、Aさんの更生という観点からも極めて重要であったと感じています。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-359-186

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >
メールでのお問い合わせ

新宿オフィスの主なご相談エリア

東京都新宿区、東京都千代田区、東京都中央区、東京都港区、東京都文京区、東京都台東区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都品川区、東京都目黒区、東京都大田区、東京都世田谷区、東京都渋谷区、東京都中野区、東京都杉並区、東京都豊島区、東京都北区、東京都荒川区、東京都板橋区、東京都練馬区、東京都足立区、東京都葛飾区、東京都江戸川区、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市にお住まいの方

ページ
トップへ