電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

高額の婚姻費用が得られた事例

  • cases676
  • 2021年08月06日更新
女性
  • 40代
  • 女性
  • 主婦
  • 婚姻費用
  • ■配偶者の年齢・職業 50代代 [会社員]
  • ■婚姻期間 15年以上~20年未満
  • ■子供 1人
  • ■解決までの期間 4か月

ご相談に至った経緯

単身赴任中の夫から、突然「今後は妻と子を扶養しない」という連絡があり、生活費の支払いがストップしました。

ご相談内容

婚姻費用分担調停を申し立てて、生活費を支払ってもらいたいとのご相談でした。

ベリーベストの対応とその結果

調停申立ての前に、夫の収入に関する資料を集めていただき、収入資料を整えてから調停を申し立てました。
夫は婚姻費用の支払いを渋りましたが、収入資料が揃っていたため、調停委員会も夫を説得。夫の収入に見合った高額の婚姻費用の支払いを認める内容で、調停が成立しました。

調停申し立ての前から何度かご相談を受けており、充分な準備をしてから調停を申し立てることができました。そのため、比較的短期間で高額の婚姻費用の支払いが認められる内容の調停を成立させることができました。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >
メールでのお問い合わせ

新宿オフィスの主なご相談エリア

東京都新宿区、東京都千代田区、東京都中央区、東京都港区、東京都文京区、東京都台東区、東京都墨田区、東京都江東区、東京都品川区、東京都目黒区、東京都大田区、東京都世田谷区、東京都渋谷区、東京都中野区、東京都杉並区、東京都豊島区、東京都北区、東京都荒川区、東京都板橋区、東京都練馬区、東京都足立区、東京都葛飾区、東京都江戸川区、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市にお住まいの方

ページ
トップへ